外壁塗装悪徳業者の見極め方

外壁塗装悪徳業者とのトラブル対策

近年は、悪徳業者も知識レベルが向上しています。

 

一概に間違っているとは言えない論拠で、
客を説得してくるので、
言いくるめられてしまう、泣き寝入りさせられてしまう人が増えています。

 

例えば、工事契約書を故意に作らず、
必要のない無駄な工事を増やして、
多額な代金を請求するのも悪徳業者の手口です。

 

外壁塗装を考えるとき、
このような悪徳業者とトラブルにならないためにも、
安心して任せられる業者を選ぶことがとても重要です。

安心して任せられる施工業者を選ぶには

組織化された施工業者を選ぶ

 

トラブルを起こす施工業者は、
その殆どが組織化されていません。

 

施工業者が(社)日本塗装工業会や地元密着型の塗装協同組合などの
組織化された施工業者であるかどうかを確認してください。

 

* (社)日本塗装工業会とは、
  日本で唯一の建築塗装を主とした全国規模の法人団体です。
  現在3150社が所属し、戸建て塗り替えでのトラブルが起きないように、
  安心施工を提供し証明されています。
  会員はホームページで調べることができますよ。
  外壁塗装を依頼するときの参考にしてみてください。
  http://www.nittoso.or.jp

 

訪問販売業者

 

訪問販売業者には注意をしなければなりません。

 

ですが、組織化された企業であっても、
訪問販売形式の営業を行う事があります。

 

必ずしも、訪問販売業者が怪しいということではありません。

 

ごまかされない!

 

塗装に関する知識が少ないと、
営業マンや職人さんに色々聞くことができなかったりします。

 

ですが、遠慮なく、施工業者に聞くと良いでしょう。

 

心ある業者であれば、丁寧に教えてくれますし、
材料や施工内容についてもきちんと説明してくれます。

 

塗装業者に色々聞いても、きちんと教えてくれなかったり、
「プロなので大丈夫です!」、「大手企業なので安心です!」
などと言葉でごまかそうとする業者もいるので注意しましょう。